logo

Start! “Ruby” Conference ~Webそしてエンタープライズへ。Rubyでキャリアチャンスを広げよう!~

2011年8月27日 (土)~
[ セミナー ] CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

開催場所:東京

開催日:  2011年8月27日

多様化する市場ニーズに高い柔軟性で対応できるWebアプリケーションの必要性からネット系サービスを中心にRubyは利用されてきました。また、JIS標準規格となったこともあり、今後は官公庁やエンタープライズ向けのアプリケーションへの適用が拡大していくと予測されます。しかし、Rubyの適用用途が広まるにつれ、Rubyを使える開発者の不足感は格段に高まっています。

つまり、そろそろ「Ruby」をキーワードに仕事探しができる状態になってきたと考えられます。特に、Javaによる新規開発案件が多くはない現状を踏まえると、Java開発者がRubyを習得することは仕事の選択肢を増やすことにもつながるはずです。

そこで今回、「Ruby始めたばかり」「これからRubyを勉強する」というような開発者を対象に、Rubyの現状や今後、そしてエンタープライズ領域におけるRubyの情報を提供するカンファレンスを開催することにしました。

是非、ご参加ください。

◎主催:パソナテック
◎協賛:Rubyアソシエーション
      アマゾン データ サービス ジャパン
CTCテクノロジー

◆実施概要
----------------------------------------------------------------------
13:15      
[主催者挨拶・開催主旨説明]
----------------------------------------------------------------------
13:20-14:10  
[Session1]Rubyの現状とエンタープライズ領域における展望
井上 浩 氏<株式会社ネットワーク応用通信研究所 代表取締役>

Rubyの発展の経緯を振り返りつつ、現状のステイタスと今後、特にエンター
プライズ領域における展開の可能性について展望します。

----------------------------------------------------------------------
14:15-15:05
[Session2]東京ガスの地震防災システムはなぜRubyを採用したか
武藤 紀之 氏<株式会社ティージー情報ネットワーク>

システムとしてのクリティカル性が強い防災システムの開発においてRubyが採用された背景を通して、エンタープライズ領域でのRubyの可能性を解説します。
----------------------------------------------------------------------
<休憩>
----------------------------------------------------------------------
15:20-16:10
[Session3]Rubyを「仕事」にするためのRubyのおさえ処
角谷 信太郎 氏<株式会社永和システムマネジメント>

Javaや.NETの経験者がRubyを習得し、Rubyを仕事にするためのポイントを管理者と開発者の両面から解説します。
----------------------------------------------------------------------
16:15-16:35
◎認定資格の紹介
吉政 忠志 氏<合同会社Rubyアソシエーション>
----------------------------------------------------------------------
16:40-17:10
Ruby on Cloud~AWSでRubyを使ってみよう!~
アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
AWSクラウド(Amazon Web Services)を用いて迅速にRuby/Rails環境を構築するポイントに加え、最新の"AWS SDK for Ruby"についてデモを交えて解説します。
また、当日の参加者限定で、今すぐ試せる「AWSクーポン」プレゼント!!!
----------------------------------------------------------------------
17:15-17:30
◎パソナテックよりRubyキャンペーンの紹介
----------------------------------------------------------------------
17:30 終了予定

◆お申し込みと詳細
以下のリンクをご覧ください。
リンク