logo

導入効果を3倍増させる、一歩進んだERP活用法

開催場所:東京

開催日:  2010年5月13日

申込締切日:2010年5月11日 (火)

今や大企業・中堅企業を問わずERPの導入・活用が浸透しておりますが、様々なデータが蓄積されているにもかかわらず、それらを経営レベルで有効活用できている企業はまだまだ少ないというのが現状です。

本セミナーでは、ERPの活用をもう一段階レベルアップし、収益向上に貢献する仕組み作りのヒントをご紹介致します。

開催概要
日時  2010年5月13日(木)14:00~17:00 (受付13:30~)

会場  品川イーストワンタワー 小会議室 II
東京都港区港南二丁目16番1号
リンク 

主催  日本インフォア・グローバル・ソリューションズ株式会社

共催  グランバレイ株式会社

参加費  無料(事前登録制)

対象  生産管理、情報システム、経営企画、事業企画、経理・財務 
各部門のご責任者様(ご同業社の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。)

定員  30名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

お申し込み  
リンク

セミナー詳細
ご挨拶

14:00~14:30  お客様に新しい価値を提供するインフォアの製品戦略

日本インフォア・グローバル・ソリューションズ(株)
インダストリーソリューション・ビジネスコンサルティング本部長
笹 俊文

インフォア従来の買収戦略に加え、お客様のIT資産価値をさらに高める独自の製品戦略をご紹介します。

14:30~15:30  ERP導入効果3倍増のカギは戦略的BI連携にある

グランバレイ株式会社 プリンシパル
明治大学ビジネススクール講師
竹之内 隆 氏
 
Infor ERPとBIツールであるPMを連携し、
1:戦略実行プロセス2:課題解決プロセス3:業務プロセス
以上3つのプロセスの「見える化+意思決定力強化+カイゼン力向上」
=「インテリジェント化」のコツをご紹介します。

受注生産企業において
・個別製番ごとのコストダウン施策と工場収益の相関を見える化し、さらなるコスト競争力につなげる等

グローバル化の進むハイテク企業において
・海外工場ふくめた前工程/後工程の利益貢献度や品質実績を「見える化」し、いち早く意思決定し、設計・生産技術サイドと経営が一体となったアクションに結びつける等

15:30~15:45  休憩

15:45~16:45  インフォアが提供するERP&業績管理ソリューションのご紹介

日本インフォア・グローバル・ソリューションズ(株)
ビジネスコンサルティングマネージャー
Infor ERP担当 諸岡 哲也、Infor PM担当 石田 雅久

製造業での豊富な実績を誇るInfor ERPと、戦略的情報活用を実現する
Infor PMの最新情報をご紹介します。

16:45~17:00  質疑応答

*プログラムおよび講師等は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
ご質問等ございましたら、下記までお問合せください。

お問合せ先:日本インフォア・グローバル・ソリューションズ株式会社
        セミナー事務局 
        TEL: 03-6911- 2530
        Email: japaninfo@infor.com 

今日の主要記事