logo

販促、集客でTwitterを活かす。

2009年12月2日 (水)
[ セミナー ] 株式会社コンテクスト

開催場所:東京

開催日:  2009年12月2日

申込締切日:2009年12月2日 (水)

【1】開催日時
2009年12月2日 (水) 16:00~17:30


【2】会費
3,000円


【3】会場名
モバイル夜間大学・銀座校

アクセス情報
株式会社ファイブスターインタラクティブ ※銀座駅 徒歩3分
リンク


【4】講義内容
~プロモーション施策におけるTwitterの有効な組み込み方とは?~

様々なところで議論がなされているTwitter。
海外では、“DELLの成功事例”や“スターバックスのマス広告も絡めたキャンペーンの活用”など、いろいろな事例を目にするようになりました。

ただ、日本国内においてはまだまだ決して多くの事例を耳にすることはありません。

販促、集客の側面から見た場合、Twitterはどのような強みがあるのか?
また、キャンペーンの中でどうすればTwitterを組み込むことが出来るのか?

今回の講義では、株式会社モディファイの小川氏をお呼びし、プロモーションの観点から見た『Twitterの強み』『有効な使い方』『活用の際の注意点』についてお話し頂きます。

モディファイ社では、眼鏡ブランド『JINS』や、アパレル通販『セレクトスクエア』などの企業において、既にTwitter等を活用したマーケティング支援を行ってらっしゃいます。

さらに、小川氏自身も、クリエイティブユニット『オガワカズヒロ』として『Girls Log』というメディアをプロデュースされております。

これらの事例にも触れて頂きながら、販促・集客におけるTwitterの活かし方についてご説明を頂きます。

<講義の流れ>
1.現在手掛けてらっしゃる事例のご紹介
2.販促、集客の観点から見たTwitterの強みとは?
3.Twitterがハマる、キャンペーンでの組み込み方とは?
4.Twitterを活用したプロモーションにおける注意点とは?
5.今後想定される、キャンペーンにおけるTwitterの使い方とは?
6.質疑応答


【5】講師紹介
小川浩 氏
株式会社モディファイ CEO兼クリエイティブティレクター

東南アジアで商社マンとして活躍したのち、マレーシアのクアラルンプールでネットベンチャーを起業。マレーシア、香港、シンガポールに拠点を広げる。日本に帰国後、2001年5月から株式会社日立製作所にてWebアプリケーションの開発などに従事。その後サイボウズ株式会社の関係会社フィードパス株式会社のCOOを務める。2006年12月に退任、サンブリッジのEIR(客員起業家制度)を利用し、2008年1月株式会社モディファイを設立し現職。
著書に『ビジネスブログブック』シリーズ(毎日コミュニケーションズ)、『Web2.0Book』(インプレスジャパン)、「アップルとグーグル」(インプレスR&D)などがある。

今日の主要記事