お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ネットで激変!カリスマ3賢人”広告の未来を大胆予測” ~時事通信 広告テクノロジーセミナー~

2006年10月11日 (水)~
[ セミナー ] 株式会社時事通信社
開催場所 : 東京
開催日:  2006年10月11日
申込締切日 : 2006年10月10日 (火)
ベストセラー「テレビCM崩壊」を監修した織田浩一。博報堂、電通を経てグーグルに移籍したカリスマ広告マン高広伯彦。インターネット広告大手サイバーエージェントの知恵袋、須田伸。 インタラクティブ広告の3賢人と呼ばれる3人が一堂に会し、これからの広告がどのようなものになるのか大激論を繰り広げます。ネットの普及で新聞、テレビといった従来型メディア企業は今、大変革を求められています。 その一方で、ポータル、コミュニティサイトなどがあたらしいメディアになりつつあります。一般企業でさえ自社ホームページをメディアとして、とらえ始めました。 新旧さまざまなメディアの入り乱れる混戦状況の中、メディアは広告収入の増大をはかり、企業は広告効果の極大化を模索しています。 もはやネット戦略はどんな企業にとっても無視できない重要課題になってきました。

日時:2006年10月11日
場所:時事通信ホール
主催:時事通信社
参加費:1万円

リンク

《プログラム》
10:30~10:35 開会挨拶 時事通信社

【第1部・基調講演】
10:35~11:00 基調講演1
「日米広告最前線」~須田伸
米国の広告関連のカンファレンスでの最新のホットな話題と、日本国内の
インタラクティブ広告の現状を比較して広告の近未来像をあぶりだす。

11:00~11:30 基調講演2
「その広告は届いているのか!?」~織田浩一
アメリカのメディア事情を中心に、テレビCM崩壊の状況と新しいメディア
の勃興をスケッチする。

11:30~12:00 基調講演3
「その広告は響いているのか!?」~高広伯彦
市民が発言を始めたとき、企業はどう語りかけるべきなのか。CGMの勃興の中で、広告表現のパラダイム変化を豊富な事例で描く。

12:00~13:00 休憩
< 軽食を準備しています >

【第2部・事例報告】
13:00~15:00 事例報告(未定)。数社に最も旬な事例報告をお願いする予
定です。

15:00~15:30 休憩

【第3部・パネル討論会】
15:30~17:00 
「CGMの成長と広告の変容 ~日本広告界の明日」
参加者からのパネラーへ寄せられる質問の回答を通じて、日本の広告主、
エージェンシーに対し、転換期のアクションにつき提言する。
湯川鶴章(ファシリテータ )、須田伸、織田浩一、高広伯彦

※申し込み後キャンセルされる場合は前日までにご連絡いただきますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------
◎須田 伸
(株)サイバーエージェント
ブランドコンサルティング局長
/クリエイティブディレクター
-------------------------------------------------------------------
大阪生まれ。
早稲田大学政治経済学部政治学科卒。
1992年株式会社博報堂入社。
CMプランナー/コピーライターとして「ACC賞」「日 経広告賞」「消費者のためになった広告コンクール 」など数々の広告賞を受賞。
1998年カンヌ国際広告祭ヤングクリエイティブ・コンペティションに日本代表コピーライターとして出場。
2000年にYahoo! Japanに転じてコミュニティサービ ス担当プロデューサーとして「ヤフー・チャット」を立ちあげ「ライブチャットイベント」では初代 「Y!Chat MC」として活躍。
2002年より株式会社サイバーエージェントに勤務。
同社の企業ブランドを一新する。
現在は同社ブランドコンサルティング局長。
ブログとインターネット広告に関する著書として『時代はブログる!』(アメーバブックス)がある 。


-------------------------------------------------------------------
◎織田 浩一
デジタルメディアストラテジーズ社代表。
広告ビジネスコンサルタント。
-------------------------------------------------------------------
米シアトルを拠点とし、欧米の新広告手法・メディアテクノロジーの調査・コンサルティングサービス、講演活動、執筆を行う。
日本広告主協会、宣伝会議、Web広告研究会をはじめ、年間20以上の講演をこなし、現在、宣伝会議、日経BPオンライン、WebDesinging、 翔泳社MarkeZineなどでコラム連載中。
ブランデッドエンターテイメントやCGM、オープンソースマーケティング、Web2.0、バイラルなど、広告の近未来手法に焦点を置いたブログとメルマガAdInnovatorを展開し広告界のアルファブロガーとも呼ばれている。
www.adinnovator.com
ベストセラーの「テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0」を監修。


-------------------------------------------------------------------
◎高広 伯彦
-------------------------------------------------------------------
関西学院大学/同志社大学大学院(社会学修士)を経て、博報堂にて営業・インタラクティブ領域のマーケティングとメディア・コンテンツ開発に従事。
博報堂DYメディアパートナーズ分社化による転籍の後、電通に入社。
同社にてインタラクティブ領域のプロデューサー及びコミュニケーションデザイナーを務める。
2005年12月からは、グーグルに勤務。
広告とテクノロジーの交差点で新しい広告ビジネス・インフラ作りに従事している。

受賞歴:
東京インタラクティブアドアワードグランプリ、
ロンドン国際広告・デザイン賞、
ニューヨークフェスティバル、
カンヌ国際広告祭などのインタラクティブ部門でも
多数受賞。