お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

(参加無料)内部統制と情報漏洩対策セミナvol.3 ~企業ガバナンス強化のトリガーを引く米国企業改革法(SOX法)と情報漏洩防止とあわせて行う内部統制の具体策~

2006年4月19日 (水)
開催場所 : 東京
開催日:  2006年4月19日
申込締切日 : 2006年4月18日 (火)
 このたびNTTデータ・セキュリティは、企業改革法(SOX法)のキーワードとなります内部統制と情報漏洩対策の無料セミナーを開催いたします。米国の企業改革法(SOX法)を参考にした日本版SOX法といわれる法律は、2008年から施行される見通しとなっています。この日本版SOX法では、企業の「内部統制」がキーワードになることは間違いないといわれています。

 この内部統制によって、経営者が業務が正しく行われているかを判断し、種々の対策を適切に実施できるようにすることになります。さらに、監査などの第三者の求めに応じて、情報開示できる体制を整えることになります。これが、個人情報保護のためのセキュリティ・ポリシーを守ることとも共通する内部統制の要件なのです。

 そこで、講演では、米国のSOX法がどのようなものであり、日本版SOX法はどのようなものになる可能性があるのかをご説明いたします。さらに、具体的に日本企業が内部統制やセキュリティ対策を、どのように行うことになるのかを、現実的な側面からご説明いたします。

皆様のセミナーへのご参加を、心よりお待ち申し上げます。

  リンク

1.【開催日時】
    4月19日(水) 14:30~17:00 (14:00受付開始)

2.【開催場所】
    東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル10F セミナー室(定員:65名)

3.【講演内容】
 14:30~15:20
  ガバナンス時代のセキュリティ -トリガーを引く米国企業改革法(SOX法)-
  東京大学 国際・産学共同研究センター
  客員教授 林 誠一郎

 15:20~15:50
  現場のセキュリティ管理や内部統制をどう進めるか
  NTTデータ・セキュリティ株式会社 
  代表取締役社長 阿部賢一

 16:00~16:45
  予兆発見から防止までできる情報漏洩対策
  NTTデータ・セキュリティ株式会社
  営業推進室  
  (講演内容は一部変更となる場合がございます。) 

  リンク