アップル、パスワード管理アプリをWWDCで発表か--「iPhone」や「Mac」向けに

Kerry Wan (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2024年06月07日 11時48分

 Appleが来週開催するWWDCで、自社のソフトウェアポートフォリオ向けに新たなAI機能を発表するであろうことに注目が集まっているが、同社は新たなパスワード管理アプリも発表するとBloombergは報じている。

iPhoneのホーム画面
提供:Maria Diaz/ZDNET

 Appleはこのアプリを「Passwords」と名付け、ユーザーがさまざまなウェブサイトやデバイスに素早くログインし、複雑なパスワードを生成して安全に保存できるようにするという。このアプリでは、サードパーティーのサービスからパスワードをインポートすることもできると、この取り組みに詳しい関係者はBloombergに語っている。

 機能群だけから判断すると、Passwordsは明らかに、「1Password」「LastPass」「Bitwarden」など人気のパスワード管理アプリと競合するものだ。

 その他の機能としては、ユーザーのログイン情報をリストアップし、サービスの種類(バンキング、ストリーミングサービス、ソーシャルメディアなど)に基づいて分類する機能、手入力のパスワードを「Face ID」や「Touch ID」に置き換える機能、認証情報を求められた際の自動入力機能などがあるという。

 このサービスはAppleによって運営・所有されることを考えると、「iOS」「iPadOS」「macOS」の各プラットフォームに深く統合される可能性が高く、多くのユーザーにとって魅力的な選択肢になるはずだ。このアプリが「iCloudキーチェーン」(異なるデバイス間でパスワードを保存・同期するAppleの既存サービス)を利用していることも助けになる。これにより、よりシームレスな導入が可能になるはずだ。

 Passwordsは無料でダウンロードでき、iOS 18、iPadOS 18、macOS 15で利用可能で、「Vision Pro」や「Windows」PCでも動作するとBloombergは伝えている。正式な情報は、米国時間6月10日に開幕するWWDCの基調講演で明らかになるだろう。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]