スカルキャンディ、エコを追求した完全ワイヤレスイヤホン--ケースから省いた2つのもの

 Skullcandy Japanは5月29日、バッテリー⾮搭載ケースでコンパクトサイズを実現した完全ワイヤレスイヤホン「EcoBuds」を発表した。スマートフォンからのUSB-C急速充電にも対応する。

完全ワイヤレスイヤホン「EcoBuds」 完全ワイヤレスイヤホン「EcoBuds」
※クリックすると拡大画像が見られます

 同日から、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にてプロジェクト支援を受け付けている。9⽉上旬以降順次発送予定で、⼀般販売予定税込価格は7480円だが、25%オフの5610円の72時間限定割を用意する。

 EcoBudsは、ケースにバッテリーを内蔵せず、USB-Cケーブルを一体化していることが特徴。スマホやPCから直接イヤホンを急速充電でき、リチウムバッテリーの使⽤を削減している。別途、充電ケーブルを別途持ち運ぶ必要もない。

USB-Cケーブルを一体化している USB-Cケーブルを一体化している
※クリックすると拡大画像が見られます

 独自の「Skullcandy Supreme Sound」を搭載し、低音からクリアな高音までのフルレンジサウンドを再生するとのこと。「音楽」「ベースブースト」「ポッドキャスト」と3つのイコライザモードを備える。

 ⽿⽳にフィットする楕円形状のノズル部分は⽿に平⾏に挿⼊するよう、斜めに⾓度がつけられているとのこと。ケースの内側にマグネットを備え、イヤホンが落ちにくい。

 最大8時間の再生ができ、10分充電で2時間再⽣が可能な急速充電にも対応。IPX4の耐⽔性、耐汗性により、外出時やスポーツ中での使用もできる。

 ふたのないオープンケースはプラスチックの使⽤を最⼩限に抑えたデザインかつ、再⽣プラスチックを65%使⽤。EcoBudsの製造過程では、重⾦属の使⽤量を57%減少しているという。

GREEN FUNDING

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]