JR東、2024年度版「JRE Workation Pass」を5月16日発売--利用期間変更、個人向け新設

 JR東日本は5月14日、2024年度版「JRE Workation Pass」の販売を5月16日に開始すると発表した。

 企業や自治体、また自治体からワーケーション事業などを委託された事業者と、個人向けに販売する。「JRE MALL」内のカテゴリー「JRE ワーケーションショップ」から購入できる。

キャプション

 2024年度版は、企業・自治体向けの利用期間を変更。購入日から起算して1年間利用できる。

 また、新たに個人向け商品を100口限定で販売し、更なるワーケーションの浸透・拡大を図るという。購入日から起算して6カ月間利用可能で、割引クーポンの案内日を購入日とみなすとともに、祝日などは案内できない場合があるとしている。

 プランは、「Basic Plan S」「Basic Plan M」「Basic Plan L」と、「個人 Plan S」「個人 Plan M」の5種類。

プランと内容 プランと内容
※クリックすると拡大画像が見られます

 企業・自治体向けで最小プランのBasic Plan Sは、販売価格(以降、価格は全て税込)が25万円で、列車と宿泊の割引クーポン28万円分、45時間分のワークスペース利用券が付帯する。

 個人向けで最小プランの個人 Plan Sは50口限定で、販売価格が5万円、列車と宿泊の割引クーポン5万5000円分。ワークスペース利用券は付帯しない。

 いずれも宿泊施設は、「ダイナミックレールパック」で取り扱うJR東日本エリアの宿が対象。またワークスペース利用券は、JR東日本グループが展開する「STATION BOOTH」が利用対象で、購入年度内かつ当日空きがある場合に限り利用できる。

キャプション
※クリックすると拡大画像が見られます
ニュースリリース
JRE ワーケーションショップ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]