アップル、「iPhone」を狙う「傭兵スパイウェア攻撃」を警告

Sareena Dayaram (CNET News) 翻訳校正: 編集部2024年04月12日 10時00分

 Appleは米国時間4月10日、92カ国のユーザーに対し、所有する「iPhone」が遠隔から傭兵スパイウェア攻撃の標的にされていると警告した。

iPhoneのプライバシー&セキュリティの設定画面
提供:Jaap Arriens/Getty Images

 「Appleは、あなたが傭兵スパイウェア攻撃の標的にされていることを検出した」と、同社は米CNETが確認した脅威通知の電子メールで述べ、「この攻撃は、あなたが誰であるか、または何をしているかを理由に、特別にあなたを標的にしている可能性が高い」としている。

 傭兵攻撃は、その希少性と複雑性から際立っている。綿密に計画され、多額の金が投じられており、少数の人を標的にする。Appleの電子メールによると、この攻撃は継続しており、世界的に行われているという。

 「あなたのデバイスが標的型傭兵スパイウェア攻撃によって侵害された場合、攻撃者はあなたの機密データ、通信、あるいはカメラやマイクにさえ遠隔でアクセスできる可能性がある」(同社の電子メール)

 このニュースはインドの経済誌The Economic Timesが最初に報じたもので、インドは影響を受ける国の1つだという。Appleの広報担当者は、通知の電子メールで伝えたこと以外にコメントはしなかった。

 同社は10日に公開したヘルプページで、脅威通知を受け取った場合の対処法について以下のように推奨している。

 「非営利団体Access NowがDigital Security Helplineで提供している緊急時迅速対応のセキュリティ支援など、専門家の支援を仰ぐことを強く推奨いたします。Appleから脅威の通知を受け取った場合は、Digital Security HelplineのWebサイトを通じて連絡することができます(24時間年中無休)」。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]