Jabra、「Microsoft 365 Copilot」連携で会議を効率化する会議システム--自動で文字起こし

 ヘッドセットブランドJabraを展開するGN Audio A/Sの日本法人であるGNオーディオジャパンは4月10日、会議用ビデオバーシステム「Jabra PanaCast 50」「Jabra PanaCast 50 Room System」がMicrosoftのインテリジェントスピーカー機能に対応したと発表した。自動で文字起こしができる。

「Jabra PanaCast 50」「Jabra PanaCast 50 Room System」 「Jabra PanaCast 50」「Jabra PanaCast 50 Room System」
※クリックすると拡大画像が見られます

 Jabra PanaCast 50は、180度のパノラマ4K対応のカメラと8つのマイク、4つのスピーカーなどを一体化した会議用のビデオバー。ビデオバーにWindowsベースのルームシステムを組み合わせたモデルがJabra PanaCast 50 Room Systemになる。

 会議用ビデオバーとしてMicrosoftのインテリジェントスピーカー機能に対応するのは世界初とのこと。生成AI「Microsoft 365 Copilot」との連携で、自動での議事録作成やタスク整理できることが特徴だ。

 Teamsライセンスのアカウントに音声を紐付け登録すると、音声から発言者と発言内容をあわせて認識・処理をし、「誰が何を発言し、どのような結果になったか」を割り出すことが可能。さらに、Microsoft 365 Copilotと連携すれば、会議内容をまとめた議事録作成や会議内で決定したタスクの整理・振り分けが自動でできる。

 これらの機能により、議事録作成の時間が短縮され、会議のポイントや次に取り組むべきことなどが効率的に整理でき、業務の生産性向上に結びつくという。

会議時のイメージ 会議時のイメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]