テラスカイ、Salesforceと生成AIを組み合わせたクラウドサービス「mitoco AI」

 テラスカイは4月9日、Salesforceと生成AIを組み合わせた新サービス「mitoco AI」を発表。同日から提供を開始する。

 mitoco AIは、Salesforceのオブジェクト構造を学習しており、ユーザーの自然言語による要求に対し、Salesforce組織内に格納されたデータから適切な回答を導き出す。Salesforce上に会計や販売管理システムを統合する「mitoco ERP」と組み合わせることで、“ヒト・モノ・カネ・顧客情報”すべてのデータに横断的にアクセスでき、ユーザーは意思決定に必要となるデータの利活用を手軽に行うことが可能となる。

 自然言語での要求が可能なため、レポート作成やBIの使用に必要なスキルはなく、求めている情報を迅速に得ることができるため、業務効率化と生産性向上を実現するという。加えて、mitoco AIはMicrosoft Azure上の生成AIから回答に必要なデータを取得するための実行計画の指示を受け、Salesforce内の業務データから適切な回答を生成する。生成AIの機能を利用しながらも、Salesforce内の業務データを生成AIに渡すことがないため、セキュリティ面の懸念なく安心して利用できるという。

プレスリリース
「mitoco AI」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]