エコフロー、照明とエアコンオフ、ポータブル電源だけで働く自家発電オフィス--Earth Hour Dayに合わせ

 EcoFlow Technology Japan(EcoFlow)は3月22日、Earth Hour Dayにあわせ、ポータブル電源だけで作る自家発電オフィスを披露した。オフィスの照明やエアコンはすべてオフにし、太陽光を使って充電したポータブル電源からPCなどを動かした。

EcoFlowの自家発電オフィス
EcoFlowの自家発電オフィス

 Earth Hour Dayは、世界中の人々が同じ日、同じ時刻に消灯することで地球温暖化防止と環境保全の意志を示す、世界最大の環境アクション。本来であれば、3月23日が該当日になるが、休日のためEcoFlowでは1日前倒しで実施した。

 自家発電オフィスでは、当日オフィス内にいた5名のスタッフが勤務。オフィス内には、ポータブル電源「DELTA Pro/2 Max」などを設置し、スタッフのPCはすべてポータブル電源につながれていた。そのほか、電動ケトルなども用意され、お茶を飲むなど、通常のオフィス勤務と同様の行動を実現していた。

電動ケトルでお湯を沸かしてお茶も飲める
電動ケトルでお湯を沸かしてお茶も飲める
記者用にも同様の自家発電オフィスを用意。ポータブル電源にPCをつなぎ仕事もできた
記者用にも同様の自家発電オフィスを用意。ポータブル電源にPCをつなぎ仕事もできた

 使用していたポータブル電源はいずれも事前に太陽光を使って充電したもの。自家発電オフィスは10~11時までの間、実施された。

 EcoFlow Technology Japan シニアPRマネージャーの寺井翔太氏は「ポータブル電源の魅力は、アウトドア、防災用だけでなく、日常的にも使えるところ。その上脱炭素にもつながる。いわゆる商用電源を使わない生活を体験していただければと思う」とコメント。

 オフィス内では、天井の照明やエアコンなどをすべてオフにしていたが、日当たりが良いため、暗さや寒さなどは感じなかった。今回実施した自家発電オフィスの試みは今回初めてチャレンジしたもの。EcoFlowの海外オフィスなどでも実施しておらず、日本発の取り組みになったという。

EcoFlowのオフィス内。通常は照明がついているが、この日はオフになっていた
EcoFlowのオフィス内。通常は照明がついているが、この日はオフになっていた
オフィス内の空調や照明の電源はすべてオフになっていた
オフィス内の空調や照明の電源はすべてオフになっていた

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]