メルセデス・ベンツ、Apptronikの人型ロボット「Apollo」を工場で試験運用

 Apptronikは、Mercedes-Benzが自動車工場でApptronik製型ロボット「Apollo」の試験運用を開始したと発表した。

 Apolloは、二足歩行が可能な汎用人型ロボット。高さは5フィート8インチ(約173cm)、重さは160ポンド(約73kg)で人間と同じような体格をしており、55ポンド(約25kg)の物を持ち上げられる。従来の一般的な産業ロボットと違い、工場などの現場で人間と混在させて動かしても安全だという。Apolloの商用利用に向けては、米航空宇宙局(NASA)が協力している。

人間と同じような体格のApollo(出典:Apptronik公式Xアカウント)
人間と同じような体格のApollo(出典:Apptronik公式Xアカウント)

 Mercedes-Benzは、自動車の製造ラインにApolloを配備し、作業員のもとへ部品を運んだり、部品の確認をしたりさせる。組み立てた部品を運ぶ作業にも使う。

工場で人間と一緒に作業するApollo(出典:Apptronik公式Xアカウント)
工場で人間と一緒に作業するApollo(出典:Apptronik公式Xアカウント)

 体力の求められる単調な繰り返し作業をApolloに任せることで、人材不足対策になると見込む。しかも、Apolloの形状や動きが人間と似ているため、導入にあたって工場を大幅に改造する必要がないとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]