ジオフラ、カプセルトイ連動型の移動ポイントアプリ「プラリー」を試験提供

 ジオフラは12月13日、カプセルトイ(プラポン)連動型の移動ポイントアプリ「プラリー」の試験提供を開始すると発表した。

 プラリーでは、チェックインやスタンプラリーでの移動によりポイントが付与される。貯まった移動ポイントは、各地に設置されたカプセルトイ「プラポン」に交換可能。

 同社によると、カプセルトイ「プラポン」は、訪れた人だけに提供されるインセンティブとして、場所への来訪を促進させ、地域経済/地方経済の活性化を目指しているという。

 また、移動ポイントはAmazonギフト券やPonta、PayPayポイントなどのポイント交換にも対応。交換可能ポイントについては、順次対応を拡大する予定。

 なお、試験提供の開始にあたり、福岡地所グループと連携し、キャナルシティ博多で人流創出の実証実験を実施している。

 同アプリによる人流の創出と、コントロールの実現・追求を目的としており、特定の施設に訪れたくなる仕組みづくり、集客、近隣エリアへの回遊について、ユーザーの行動分析を行うという。

 実施期間は、12月4日から12月17日まで。場所は、キャナルシティ博多(地下1階サンプラザステージ、センターウォーク5階ラーメンスタジアム入り口、ノースビル2階駅側入り口の3カ所)。



 今後、場所と人をつなぐエンターテイメント体験化する「OMOエンターテイメント」としてサービスの改善と強化を進め、地域経済/地方経済への活性化を目指すとしている。

「プラリー」公式サイト

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]