ファーウェイ、「HUAWEI WATCH 4」国内発表--eSIM対応、スマホなしでも通話可能に

 華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は11月17日、「HUAWEI WATCH」シリーズの最新モデルとなるスマートウォッチ「HUAWEI WATCH 4」を発表した。

 同社スマートウォッチ製品として初めてeSIMに対応し、いつでもどこでも通話できる。市場想定価格(以降、価格は全て税込)は6万5780円で、11月24日に発売する。

「HUAWEI WATCH 4」
「HUAWEI WATCH 4」

 HUAWEI WATCH 4は、高さ約46.2mm×幅46.2mm×奥行き10.9mm、ベルトを除く重さ約48g。約1.5インチのLTPO AMOLEDディスプレイを搭載し、ケースにサージカルステンレスを採用。ボディには宇宙・惑星からインスピレーションを得た、流線型のミニマルデザインを採用したという。

 ベゼル部分は前モデルと比較して約21.6%減少し、画面占有率は約72%以上と、コンパクトながら大画面を実現。文字盤の常時点灯機能を備え、iOS(13.0以降)とAndroid(6.0以降)のデバイスで活用できる。

前モデルと比較し、より薄型軽量に
前モデルと比較し、より薄型軽量に

 新たに、クイックバーやフローティングタスクボールなどの表示方法を採用し、操作性が向上。「スマートモード」と「超長時間バッテリー持続モード」の2種類のバッテリーモードを搭載し、スマートモードでは約3日間、超長時間バッテリー持続モードでは約14日間使用できる。

 スキーや登山を含めた100種類以上のワークアウトにより、日々の運動モニタリングにも活用可能。5ATM規格の防水・防じん性能とIP6Xに対応し、約30mまでのフリーダイビングでも活用できるという。なお、モニタリングデータは「Appleヘルスケア」アプリとの同期が可能だ。

キャプション

 このほか、心拍数、睡眠スコア、ストレススコア、血中酸素レベルなどの計測に対応。急激な血中酸素レベルや心拍数の変化を検知するとアラートで通知する機能や、転倒した際に緊急通報を行う転倒検知機能なども搭載する。

HUAWEI WATCH 4の特徴
HUAWEI WATCH 4の特徴
HUAWEI WATCH 4の機能一覧
HUAWEI WATCH 4の機能一覧

 HUAWEI WATCH 4は、最上位モデルの「HUAWEI WATCH Ultimate」、クラシックシリーズ「HUAWEI WATCH GT 4」シリーズの中間に位置するモデルとなる。

各スマートウォッチの位置づけ
各スマートウォッチの位置づけ

 ファーウェイ・ジャパン 端末統括本部 マーケティング部 PRマネージャー 中野彩子氏は、通知やリマインドといったスマートなインタラクション、近未来的なデザインという2点が特徴と説明しながらも、「HUAWEI WATCH 4の1番大きな特徴は、なんと言ってもeSIM対応」という。

 スタンドアローンナンバーを使用することで、SMSメッセージの送受信などが可能。eSIMの情報をもとにGPSで現在位置を把握するといったこともできるため、子どもや高齢者などに着けるさせることもおすすめと語る。

キャプション
キャプション
ファーウェイ・ジャパン 端末統括本部 マーケティング部 PRマネージャー 中野彩子氏
ファーウェイ・ジャパン 端末統括本部 マーケティング部 PRマネージャー 中野彩子氏

 なお、海外モデルの中には1つの電話番号をスマートフォンとアクセサリ端末で共有できる「ワンナンバーサービス」に対応しているモデルもあるが、日本モデルは非対応。また、スポーツの詳細データが取れる小型軽量センサー「HUAWEI S-TAG」を購入者にプレゼントするキャンペーンを実施する。終了期間は未定だ。

キャプション

※クリックすると拡大画像が見られます
ニュースリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]