任天堂、「ゼルダの伝説」を実写映画化へ--Sony Pictures Entertainmentが共同出資

 任天堂は11月8日、同社が展開している「ゼルダの伝説」をテーマにした実写(ライブアクション)映画の企画開発を開始したと発表。映画のプロデューサーは、任天堂代表取締役フェローの宮本茂氏と、Arad Productionsの代表であり、数々の大ヒット映画をプロデュースしたAvi Arad氏が共同で担当する。

 映画の制作は、任天堂とArad Productionsが行い、監督はWes Ball氏が担当。映画制作費は50%以上を任天堂が出資し、全世界配給と共同出資をSony Pictures Entertainmentが行うという。

 宮本氏は、任天堂公式X(旧Twitter)を通じてコメントを発表。この企画はAvi Arad氏と長年進めてきたものであるとし、任天堂自ら制作に深く関与して正式に開発をスタートしたとのこと。また「完成まで時間がかかりますが、楽しみにお待ちください」としている。

ニュースリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]