ボーズ、新「QuietComfort」発表--「Boseイマーシブオーディオ」対応モデルも

 ボーズは10月5日、ノイズキャンセリングタイプの「QuietComfort」シリーズに、「QuietComfort Ultra Headphones」(税込価格:5万9400円)、「QuietComfort Ultra Earbuds」(同:3万9600円)、「QuietComfort Headphones」(同:4万6200円)を発表した。同日から予約を受け付け、10月19日に販売開始する。QuietComfort Ultra Headphones/Ultra Earbudsは、広いサウンドステージを作り出し、オーディオプラットフォームやデバイスに関係なく、空間オーディオを聴ける「Boseイマーシブオーディオ」に対応する。

 QuietComfort Ultra Headphonesは、「Noise Cancelling Headphones 700」に代わる次世代のフラッグシップモデル。独自の信号処理や高性能なチップセット、進化したマイクを搭載し、ノイズキャンセリング性能やCustomTuneテクノロジーだけでなく、ActiveSenseによるアウェアモード、そして音声ピックアップ性能も向上している。

 周囲の雑音と声を区別するビームフォームアレイを備え、クリアな通話をサポート。音声アシスタント機能により、プレイリストやテキスト、地図アプリなどのナビゲーション機能もシームレスに利用可能だ。

 右イヤーカップには、マルチファンクションボタンを搭載、左イヤーカップにはLEDインジケーターと2.5mmジャック、USB-C充電ポートを装備する。1回の充電で、Boseイマーシブオーディオをオフにした場合は最大24時間、オンでは最大18時間の使用に対応する。

「QuietComfort Ultra Headphones」
「QuietComfort Ultra Headphones」

 Bose QuietComfort Ultra Earbudsは、ノイズキャンセリング、CustomTuneサウンドキャリブレーション、タッチコントロール、IPX4等級の防水性能などを備えた完全ワイヤレスモデルだ。

 ダイナミックマイクミキシングとアダプティブフィルターを採用し、ノイズの多い環境でもクリアな音声を拾える。1回充電で、Boseイマーシブオーディオをオフにした場合最大6時間、オンの場合は最大4時間の使用が可能。別売のワイヤレス充電ケースカバーと組み合わせれば、ワイヤレス充電にも対応する。

「QuietComfort Ultra Earbuds」
「QuietComfort Ultra Earbuds」

 Bose QuietComfort Headphonesは、ノイズキャンセリングレベルの調節や、カスタムモードの設定が可能。1回の充電で最大24時間のバッテリー持続時間を誇る。

「QuietComfort Headphones」
「QuietComfort Headphones」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]