ボーズ、コンパクトな新デザインを採用「QC Earbuds II」--耳形状に合わせサウンドをパーソナライズ

 ボーズは9月8日、完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン「Bose QuietComfort Earbuds II」(QC Earbuds II)を発表した。新機能「CustomTuneテクノロジー」を備え、耳の特性に合わせてサウンド周波数プロファイルを最適化するという。発売は9月29日を予定。税込価格は3万6300円になる。

「Bose QuietComfort Earbuds II」
「Bose QuietComfort Earbuds II」

 CustomTuneテクノロジーは、イヤホンがケースから取り外されて耳に装着するたびに起動し、独自のトーンを再生したうえで、イヤホン内蔵のマイクがユーザーの耳の内部の音響反応を測定。その情報をもとに、わずか0.5秒未満で、サウンドとノイズキャンセリングの両方を、ユーザーに合わせて正確にカスタマイズするというもの。

 ノイズキャンセリングについても、信号をユーザーの耳に合わせて調整することで、性能を大幅に改善。周囲の声や生活音など、以前は低減が困難だった周波数に対しても、打ち消し効果があり、周囲のノイズの変化にも継続的に反応できるとしている。

 「Awareモード」では、外部の音の取り込み、調節機能の向上により、周囲の音が限りなく自然に、そのままに近い状態でイヤホンから耳に伝わるとのこと。近くで大きな騒音が発生すると、「ActiveSense」がユーザーの耳に合わせて最適なレベルでノイズキャンセリングを強化し、騒音が発生している間はノイズを打ち消し続け、騒音がおさまると、もとの外音取り込み状態に戻る。

 イヤホン本体は、前モデルに比べ約3分の1のサイズに小型化され、重さは左右各6g。充電ケースもポケットサイズになるとしている。内側に1つ、外側に3つ、合計4つのマイクを左右のイヤホンに備える。

イヤホン本体は、前モデルに比べ約3分の1のサイズに小型化
イヤホン本体は、前モデルに比べ約3分の1のサイズに小型化

 イヤーチップは、従来の一体型から、耳の輪郭部に密着するスタビリティバンドと、耳の穴をしっかりと密閉する円錐型のシリコン製イヤーチップからなる2ピースシステムを採用。3種類のサイズからなるイヤーチップとスタビリティバンドが同梱され、片耳ごとに9種類のカスタマイズを実現する。

 iOSとAndroid端末に対応し、IPX4準拠の防滴仕様。イヤホン本体で最大6時間の連続再生に対応し、充電ケースを使うことでさらに3回分の充電が可能。充電ケースはイヤホンを1時間でフル充電でき、20分の充電で最大2時間の使用ができるクイックチャージ機能も搭載する。

トリプルブラックとソープストーンの2色をそろえる
トリプルブラックとソープストーンの2色をそろえる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]