SpaceXの宇宙船「Starship」、打ち上げ失敗に関するFAAの調査が終了

Eric Mack (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2023年09月12日 11時13分

 米連邦航空局(FAA)は米国時間9月8日、SpaceXの「Starship」再打ち上げの承認に近づく動きをみせたが、その前に数十の改善が必要だと指摘した。SpaceX創設者のElon Musk氏はこれを受け、それらの変更の大半はすでに完了し、打ち上げの準備はできていると述べた。

発射台のStarship
提供:SpaceX

 FAAは同日、4月20日にStarship初の軌道投入試験が「不運な事故」に終わった件に関する調査を終了したと発表した。この試験は、1段目の「Super Heavy」ブースターとStarship本体の分離に失敗した後、意図的に機体が爆破されて終わった。

 米国の商業宇宙飛行を監督するFAAは、SpaceXに宛てた書簡で、Starshipの次の軌道投入試験に向けた打ち上げライセンスを発行する前に、63項目にわたる是正措置の実行が必要だと指摘した。

 「是正措置には、燃料漏れや火災を防止するための機体ハードウェアの再設計、堅牢性を高めるための発射台の再設計、設計プロセスにおけるレビューの追加、セーフティクリティカルなシステムの分析とテストの追加が含まれる」と、FAAは発表の中で述べた

 FAAはまた「事故調査が終了したといっても、Starshipの打ち上げが即時に再開されるわけではない」と念を押している。

 FAAの発表の数日前に、SpaceXとMusk氏はX(旧Twitter)で、Starshipの新型プロトタイプ「Ship 25」が新しいSuper Heavyブースターに搭載され、打ち上げ準備が整ったと投稿していた

 10日、Musk氏はさらに、FAAから求められた項目のうち57件を完了しており、残る6件は今後の打ち上げに関するものだと投稿した。

 しかし、筆者や他の記者に共有されたSpaceX宛てのFAAの書簡によると、同社はStarshipの次の打ち上げについて、許可申請をまだ提出していないとみられる。

 このため、打ち上げが数日中に行われることはないだろうが、数週間後くらいには何らかの進展があるかもしれない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]