ジュークボックスや生ギターの自動演奏ロボットも--タイトーがレトロ筐体を記念展示

 創業初期の太東貿易時代に展開していたジュークボックス。今回展示していたのは、1970年代に展開していた筐体という。

 創業初期の太東貿易時代に展開していたジュークボックス。今回展示していたのは、1970年代に展開していた筐体という。

 タイトーは8月24日、創立70周年を記念し、都内において懐かしのアミューズメント機器やジュークボックスなどの展示を、メディア関係者向けに行った。

 タイトーは、1953年8月24日に「太東貿易株式会社」として設立。創業時は輸入雑貨類の販売、国内初のウオッカの醸造や販売、小型自動販売機(ピーナッツベンダー)の製造、販売業務などを行っていた。翌1954年にジュークボックスの賃貸業務を開始し、このことが、その後のゲーム機の取り扱いにつながっていったという。創立19周年となる1972年に、現在の社名であるタイトーに変更した。

 今回の展示では、創業初期から扱っていたジュークボックスや、マスコットロボットの「ゆめ丸」、生ギター演奏ロボット「ギターロボット 弦遊」のほか、アーケードゲームで同社を代表するヒットタイトルである「スペースインベーダー」や「電車でGO」をはじめ、「スピードランナー」や「ウエスタンガン」など、懐かしいエレメカからビデオゲームの筐体を展示していた。

タイトー創立70周年記念サイト

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]