壽屋、デジタルフィギュア専用「Digital Figure Box」を公開展示へ--XR系ホビーの可能性探る

 壽屋は8月16日、8月26日に開催されるキャラクターフィギュアの合同展示イベント「メガホビEXPO2023」(秋葉原UDX2階 AKIBA_SQUARE)において、新しいカテゴリとなる「デジタルフィギュア」の可能性を探る展示を行うと発表。デジタルフィギュア専用ディスプレイ「Digital Figure Box」を公開展示する。

Digital Figure Box

 同社では、ホビー業界内で早くからフィギュア造形のデジタル化を進めており、最近ではフィギュア造形のデジタルデータ技術を元にXR(クロスリアリティ)系でのホビーの可能性を模索しているという。

 今回、キャラクターインターフェイス事業を手掛けるGateboxによる技術協力のもと、デジタルフィギュアをディスプレイする「Digital Figure Box」を、フィギュアユーザー向けに公開展示を行う。

 Digital Figure Boxは、デジタルフィギュア専用ディスプレイをコンセプトとして、デジタルフィギュアを飾るために開発されたもの。フィギュアの外箱のようなデザインを採用しており、気軽に部屋に飾ることができるという。

 今回の展示では、Digital Figure Box3台に「フレームアームズ・ガール 轟雷」「サバンナストリート ワイルドキャットコーデ スタンダード」「逢妻ヒカリ」のデジタルフィギュアを表示して展示。コンテンツの表示アプリケーションについては、デジタルフィギュア関連の協業先であるGugenkaのARデジタルフィギュアビューワー「HoloModels」を採用する。

 なお、同社ブースへの来場者および、WEBでのアンケートを実施し、今後のXRとホビーの融合に関する開発に反映していくとしている。

(C)KOTOBUKIYA /(C)Gatebox Inc.
(C)KOTOBUKIYA / (C)HoloModels(R) / (C)Gugenka(R)
(C)KOTOBUKIYA / FAGirl Project (C)HoloModels(R) / (C)Gugenka(R)
(C)Gatebox Inc.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]