ヤフー、「PayPayフリマ」で生成AIを活用した商品説明文の作成をサポートする機能を提供

 ヤフーは8月4日、同社が運営するフリマアプリ「PayPayフリマ」(iOS版)について、OpenAIの生成AIを活用し、出品時に商品説明文を自動作成、サポートする機能のベータ版を提供開始した。Yahoo! JAPANのサービスで、OpenAIのAPIを利用した機能を提供するのは今回が初めてという。

 フリマアプリで商品を出品する際にハードルの一つとなるのが、商品説明文の作成。出品初心者だけでなく、経験者でも「どんな情報をどう書けばいいのか」を悩むことが多いため、適切な文章を作成することに手間や時間を要するという。

 今回導入した機能では、出品時に商品名とカテゴリを入力・設定し、「AIからの提案(β)」をタップするだけで商品説明文が作成。商品名とカテゴリにくわえて、色やサイズ、商品の使用状態などの情報を設定すると、生成AIがその商品に適した説明文を作成するため、作成された文章の確認と調整のみで、初心者でも悩むことなく、より簡単に出品できるという。

商品説明文を自動作成、サポートする機能について
商品説明文を自動作成、サポートする機能について

プレスリリース
PayPayフリマ内トピックス

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]