YKK AP 北米テクノロジーズ、デジタル分野における研究・開発拠点「xTech Lab」開設

 YKK APは7月11日、同社の海外関係会社である北米テクノロジーズが、企業や大学、研究施設等が入居する「Mill19」内に、デジタル分野における研究・開発拠点「xTech Lab(クロステックラボ)」を開設したと発表した。

「xTech Lab」エントランス
「xTech Lab」エントランス

 YKK APは、建築現場における施工技能者不足への対策等、業界がかかえる課題を、デジタル分野における研究・開発での解決を目指し、2019年にピッツバーグ市にあるカーネギーメロン大学とともに、ロボット・IT技術を使用した開口部施工技術等における共同研究を開始している。

 2022年6月には、YKK AP 北米テクノロジーズを設立。デジタル分野で先進的な技術と人材を有する米国に拠点を構え、デジタル・グローバル人材の育成を推進している。

 今回、研究・開発をさらに強力に進行するため、大学や企業の研究機関が入居するMill19内に、xTech Labを開設。xTech Labでは、さまざまなデジタル要素技術の調査・研究・開発をはじめ、重点施策である「スマートファクトリー化」促進のために、5Gやロボット、AIなどを活用したデジタル化を進めるという。

「xTech Lab」の入居する「Mill19」外観
「xTech Lab」の入居する「Mill19」外観

 また、スマートファクトリー化の目的である、市場の変化に即座に対応でき、持続可能な生産体制の構築をサポートする「バーチャルファクトリー」の構築など、国内外のYKK APグループの企業の変革を、デジタルでサポートすることを目指す。

 バーチャルファクトリーについては、現実の製造ラインをコンピューター内に実現するデジタルツイン技術により、仮想空間上に生産活動の環境を構築。設備の配置や工程などをシミュレーションし、工場内における生産活動の最適化を図ることにより、仮想空間でのECM・SCMの構築を目指し、2023年度末から実施する予定。

 YKK AP北米テクノロジーズでは、CMUの研究機関も入居するMill19に本拠点を開設することにより、共同研究を加速し、施工生産性や品質の向上を目指す。さらに、先端テクノロジーの集積地において、さまざまな研究機関とのコラボレーションも視野に入れながら、イノベーションの創出を図る考えだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]