河野大臣、自身処分に言及「責任は私にある」--マイナンバー公金口座誤登録13万件

 デジタル大臣を務める河野太郎氏は6月9日、参議院の地方創生及びデジタル社会の形成等に関する特別委員会において、マイナンバーカードの一連のトラブルの責任を取り、自身を処分する必要があるとの認識を示した。

デジタル大臣を務める河野太郎氏(3月の定例会見時の画像)
デジタル大臣を務める河野太郎氏(3月の定例会見時の画像)

 河野大臣は「まずは今起きている事案の対応をしっかりやりたいと思っているが、当然責任は大臣たる私にある。何らかの形で私に対する処分をやらなくてはならないと思っている」と述べた。

 マイナンバーを巡っては、公金受取口座に家族名義の口座が誤って登録される事案が13万件確認されるなど、トラブルが頻発していた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]