サイバーエージェント、「極予測AI」にLLM技術とChatGPTを活用した広告コピー自動生成機能

 サイバーエージェントは5月18日、「極予測AI」において、「広告コピー自動生成機能」を実装したと発表した。

キャプション

 同機能は、自社で開発した大規模言語モデル(LLM)および、ChatGPTのAPIを既存の生成システムに組み合わせることにより、画像の内容に加え、さまざまな配信ターゲットにあわせた広告コピーを生成できるという。

 極予測AIは、事前に広告配信効果を予測する「効果予測AI」を活用し、広告効果が確認できた場合にのみ、クリエイティブ制作の報酬を受け取る成功報酬型で提供されているサービス。

 現在配信中で最も効果が出ている既存クリエイティブに対し、新クリエイティブの効果予測値を競わせ、AIによる効果予測値が既存1位よりも上回った新クリエイティブのみを広告主に納品し、広告を配信している。

 デジタル広告では、ユーザーの特性にあわせて配信する広告コンテンツの切り替えが可能な「ターゲティング広告」と呼ばれる仕組みが広く活用されている。

キャプション

 極予測AIでは、AIを活用して年齢や性別・興味関心などの配信ターゲットを考慮したクリエイティブ制作を実現しており、配信ターゲットごとに効果予測を行なうことで、広告効果の向上に貢献してきたという。

 実際に、ターゲティングを考慮し効果予測を行い配信した広告は、通常よりも広告効果が1.5倍向上したとする事例がある。

 一方、性別や年齢だけでなく「朝が忙しい働く人」など、さまざまな観点で定義した多様なターゲットに対し、その特性を考慮してクリエイティブを作り分けることは、多数のクリエイターの高度な技術を要するという。

 そこで極予測AIでは、これまで提供を行ってきたテキスト自動生成機能をアップデート。自社開発の大規模言語モデル(LLM)技術と汎用的な大規模言語モデルであるChatGPTのAPIを活用し、広告画像の内容を考慮しながら、従来よりも詳細なターゲットに合わせて広告コピーを作り分ける機能を追加した。

 これにより、これまで行ってきた「20代女性」のような性別/年齢などのターゲティングに加え、「朝が忙しい働く人」といった特性や状態を指示として受け取ることで、よりターゲットを考慮したテキストを生成することが可能となる。

 さらに、商材やそれを使う人物など、バナーに使われる画像の内容を考慮した生成を行うことで、より多様なクリエイティブの素早い検証が行えるという。

 加えて、これまで活用してきた「効果予測AI」を同機能で制作した広告コピーに対しても応用することで、従来よりも多くのクリエイティブパターンを効果予測にかけながら、クリエイティブ制作を実施。AIによる効果予測値が、既存1位のクリエイティブよりも上回る新クリエイティブを提案する。

 同社によると、同機能に用いられているLLMは、従来の自社開発のLLMに画像を考慮できる機能を加えたものであり、プロダクト開発チーム・研究開発組織「AI Lab」および、牛久祥孝氏との共同研究により開発。さまざまなターゲットに対し、適切な表現を生成することで、従来以上に高い広告効果が期待できるという。

 今後は、テキストに限らず、広告クリエイティブにおける効果の高い表現を持続的に生み出し続けるための研究開発を進め、新しい広告クリエイティブの価値提供を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]