ツイートまとめサービス「Togetter」が「Twilog」を買収--機能を取り込む形で存続へ

 ツイートまとめサービス「Togetter(トゥギャッター)」ならびに、「min.t(ミント)」を運営するトゥギャッターは5月12日、米ツイッター社とTwitter APIのエンタープライズプラン利用に関する契約を、5月1日付けで正式に締結したことを公表。あわせて、旧APIが停止され新規ツイートが取得できない状態になっているサービス「Twilog(ついろぐ)」の買収を実施したことも発表した。

「Togetter(トゥギャッター)」
「Togetter(トゥギャッター)」

 Twitterが提供するAPIの有料化および仕様変更により、多くのTwitter関連サービスが停止・終了となるなか、「Togetter」と「min.t」はともにPVおよびユーザーが増加中という。今回新たに契約したエンタープライズAPIにより、これまで以上に安定してサービスを提供していくことが可能としており、ログインやまとめ作成、コメント時の連携ツイートなど既存の機能はもとより、新たな機能も提供していくという。

 「Twilog」は、個人開発者のロプロス氏が2009年から開発・運営してきた、見やすいブログ形式で保存するサービス。Twitter APIの有償化に伴い、新規ツイートの取得ができない状態になっていた。今回の買収によりTwilogとTogetterを統合するための開発もスタート。ロプロス氏の協力を得つつ、Twilogの機能をTogetterに取り込む形でサービスを存続させる予定としている。

「Twilog」
「Twilog」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]