VTuber「ホロライブ」運営のカバー、総工費27億円の新スタジオ設立--国内最大級の規模

 VTuberプロダクション「ホロライブプロダクション」を運営しているカバーは5月11日、約1年半、総工費27億円を投資した新スタジオの設立を発表。スタジオ全体の面積がテニスコート約10面以上としており、国内最大級の規模という。

 新スタジオは、企業ミッションである「つくろう。世界が愛するカルチャーを。」に思いを込めて設計されたもの。最新鋭のモーションキャプチャー設備を構えるほか、レコーディング設備も併設。従来のコンテンツの開発スピードや制作自由度を向上させるだけでなく、より緻密な表現や高品質なコンテンツ制作に昇華させることができるとうたう。

 モーションキャプチャースタジオ、クロマキースタジオ、レコーディングスタジオなど、コンテンツに合わせた収録を、全て1フロアで行うことが可能。新設されたモーションキャプチャースタジオは、最新のVICONカメラであるVALKYRIE(VK-26)をスタジオ全体で200台以上設置。キャプチャー精度の向上のほか、繊細なモーションが撮影できるようになっている。このほか、コントロール周りでは最新のスイッチャーシステムを導入しているほか、熱源対策なども完備しているという。併設されたレコーディングスタジオは、音楽業界標準の機器を導入。スタジオ内でのCD音源やボイス収録なども可能となった。

 このほか、スタジオの詳細については、カバーが運営している公式noteにて情報公開を行う予定としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]