KDDI、通信障害時などにソフトバンク回線を使える「副回線サービス」--月額429円で提供

 KDDIと沖縄セルラー電話は3月27日、「au」「UQ mobile」ユーザー向けに、ソフトバンクの回線に切り替えて通信を利用できる「副回線サービス」の提供を3月29日に開始すると発表した。

 通信障害や災害でKDDI回線が途絶した場合でも、緊急を要する家族や医療機関との音声通話や、スマートフォン決済サービスなどを利用できるようになる。

 
 

 同オプションサービスは、デュアルSIM対応スマートフォンで、ソフトバンクの回線を副回線として利用できる。申し込み後、副回線用のSIM (eSIMまたは、SIMカード) が発行され、新たな電話番号が利用可能となる。

 月額料金は429円。データ容量は月間500Mbpsで、送受信速度は最大300kbpsとなる。国内通話量は30秒あたり22円、全角70文字までの国内SMSは1通あたり3.3円となる。

 個人だけでなく、法人向けにもサービスを提供する。法人の場合は月額税込550円となる。ただし、音声通話に対応した料金プランの契約者向けであり、タブレットやルーターなど、音声通話に非対応の料金プランの契約者は利用できない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]