スナックミー、オフラインと法人向け事業展開を強化--「おやつ体験メーカー」へ

 おやつのサブスク「snaq.me」を提供するスナックミーは3月1日、ギフティ、丸井グループ、Future Food Fund(オイシックス・ラ・大地のCVC)を引受先とする第三者割当増資および、デットファイナンスにより合計約5.5億円の資金調達を実施したと発表した。

 
 

 資本提携契約を締結した各社とは、事業面での連携も視野に入れていおり、ギフティが展開するeギフト関連サービスや法人を対象とした「Corporate Gift」サービスの領域で連携を強化し、プラットフォームを活用した商品の流通を図る。また、おやつ領域でオリジナルギフト商品の開発も共同で行う予定。


 丸井グループとは、主にオフライン展開での連携強化を実施。2022年4月にオープンした直営店舗に続き、全国のマルイ店舗内への出店を予定している。オイシックス・ラ・大地とは、ECでの連携を行うことで、サブスク以外の分野でのおやつ体験の提供を強化する方針だ。

 スナックミーは、2016年におやつのサブスクリプションサービスを開始。「おやつと世界を面白く」という理念のもと、約7年間サービスを展開し、2022年にはサブスクの累計会員数15万人を突破したという。

 2021年末からは、銀座ロフト、ファミマ!!、CHOOSEBASE SHIBUYAなどオフライン展開を開始。2022年4月には、清澄白河に直営店舗をオープンし、9月にはナチュラルローソンにて、プロテインバーブランド「CLR BAR」を展開している。


 同社は、これまでサブスクEC領域を中心に成長を続けてきたが、これからはサブスクEC領域を飛び越え、生活者とのあらゆる接点でおやつ体験を創造し提供する「おやつ体験メーカー」を目指すという。

 その一歩として、コンビニエンスストアをはじめとしたオフライン店舗や、常設直営店舗の「オフライン事業」のほか、オフィス向けやリモートワーカー向けのおやつ提供サービスを展開する「法人向け福利厚生事業」、イベント時やノベルティ/営業ツールとしてのおやつを提供する「コーポレートギフティング事業」などを強化する。

 オフライン展開や法人向けの展開強化に向け、調達した資金を活用するほか、人材採用やオペレーション強化、既存のサブスクECのサービス改善にも利用するという。

 なお、累積資金調達総額は、約11.5億円となる。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]