KONAMI、「桃鉄」新作のSwitch向け「桃太郎電鉄ワールド」を発表

 コナミデジタルエンタテインメントは2月9日、Nintendo Switch用新作タイトル「桃太郎電鉄ワールド ~地球は希望でまわってる!~」(桃鉄ワールド)を、2023年に発売すると発表した。

 本作は、プレーヤーが鉄道会社の社長となり、各地を巡って物件を買い集め、総資産ナンバーワンを目指す「桃太郎電鉄」シリーズの最新作。2020年に発売されたNintendo Switch用ソフト「桃太郎電鉄~昭和平成令和も定番!~」は、累計販売本数350万本を超えるヒット作となっている。

 桃鉄ワールドでは、さくまあきら氏製作総指揮のもと、桝田省治氏が監督/ゲームデザインを担当。シリーズ初の球体マップで再現された地球を舞台にプレーできることが特徴となっており、世界地図がこれまでの平面ではなく球体で再現。国や地域の位置関係や距離を立体的に感じながら、ゲームを楽しむことができるという。

「桃太郎電鉄ワールド ~地球は希望でまわってる!~」スクリーンショット
「桃太郎電鉄ワールド ~地球は希望でまわってる!~」スクリーンショット

(C)さくまあきら(C)Konami Digital Entertainment

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]