Niantic、位置情報を活用するバスケゲーム「NBA All-World」をリリース

佐藤和也 (編集部)2023年01月25日 18時02分

 NianticとNBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)、NBPA(ナショナル・バスケットボール・プレイヤーズ・アソシエーション)は、モバイルゲームアプリ「NBA All-World」の提供を、1月24日から開始した。

 本作は位置情報を利用した公式ライセンス取得済みのバスケットボールゲーム。プレイヤーはそれぞれの近隣エリアを探険し、レブロン・ジェームズ選手やステフェン・カリー選手、八村塁選手などの現役NBA選手と出会い、自分のチームにリクルートしたり、選手のレベルを上げたり、対戦しながら地域のコートを制覇したりできる。

 ほかにも現実世界を探索しながらさまざまな有名ブランドのスポーツアイテムを探し、自分の選手たちに最新ギアを装備させることが可能となっている。自分のチームを他のプレイヤーに披露し、フレンドとゲーム内チャットを行い、1対1のトーナメントで競い合い、ゲーム内の限定アイテムを入手できるという。

 本作では、NBAのトッププレーヤーが個人的に好きな現実世界の場所を知ることもできる。ゲームの提供開始時のキャンペーンでは、ジェイレン・グリーン選手、ジョーダン・プール選手、カール=アンソニー・タウンズ選手、アンドリュー・ウィギンズ選手などが紹介される予定。また、NBAオールワールドの短編ドキュメンタリーシリーズ「Where I'm From」にも登場するという。

「NBA All-World」
「NBA All-World」

(C)2022-2023 Niantic. (C)2022-2023 NBA Properties, Inc. All Rights Reserved. Officially licensed product of the National Basketball Players Association.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]