SkyDrive、米国進出の本拠点をサウスカロライナ州に--兵庫県との連携協定も締結

鈴木悠斗 藤代格 (編集部)2023年01月25日 16時12分

 eVTOLやUAMといった「空飛ぶクルマ」、物流ドローンなどを開発するSkyDriveは1月25日、米国市場への参入計画を発表した。

キャプション

 サウスカロライナ州に本拠点を設置、同州の政府機関や自治体と協力して、コロンビアメトロポリタン空港とグリーンビルダウンタウン空港を起点としたユースケースの構築に重点を置いて活動する予定。

 2人乗り機体「SkyDrive式SD-05型」の2026年の運航開始を目指し、さらなる協業、提携のネットワークを構築していくとしている。

 SkyDriveは、サウスカロライナ州のビューフォート郡経済開発公社(Beaufort County Economic Development)からの招待をきっかけに、2022年7月から同州における市場機会を探り、主要関係者とのネットワークを構築してきたという。

 豊富な観光資源、空港から都心の距離などから、ユースケースを開発する米国での最初の事業拠点として理想的な場所と判断。SD-05を活用し、複数の主要空港を離着陸場とする実用的なユースケースを検討していくとしている。

兵庫県との連携協定も締結--2025年大阪・関西万博などに向け

 またSkyDriveは1月24日、eVTOLの開発と社会実装に取り組むなどの目的で、兵庫県との連携協定の締結も発表。

 (1)空飛ぶクルマの機体や事業開発に資する実証、(2)空飛ぶクルマの社会実装に向けた環境整備、(3)空飛ぶクルマに係る情報発信など社会受容性の向上、(4)空飛ぶクルマに関わる産業のエコシステム形成、の4事項について連携、協力するという。

 空飛ぶクルマの開発と社会実装に取り組み、科学技術の発展、イノベーションの創出、地域活性化、産業振興、防災や減災、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)に向けた機運醸成の推進を目指すとしている。

(左から)兵庫県知事 齋藤元彦氏、SkyDrive 代表取締役CEO 福澤知浩氏
(左から)兵庫県知事 齋藤元彦氏、SkyDrive 代表取締役CEO 福澤知浩氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]