Zipline、ドローン配送でルワンダ政府と新たな提携--2029年までに200万件配送へ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年12月16日 11時38分

 カリフォルニア州サウスサンフランシスコを拠点にドローン配送を手がける新興企業Zipline Internationalは現地時間12月15日、ルワンダ政府との新たな提携を発表した。同社が初めて事業を展開した同国における事業が飛躍的に拡大する見込みだ。

Ziplineのドローン
提供:Stephen Shankland/CNET

 無人で自律飛行可能な同社のドローンは、6年前からルワンダで医薬品や血液を配送してきた。ナイジェリアやガーナ、米国にも事業を拡大しているが、最も活発に展開しているのは今もルワンダだ。

 Ziplineのこれまでの配送実績は45万件に上る。ルワンダ政府との新たな契約により、2029年までにおよそ200万件の配送を請け負うことになるという。この提携はこれまでの基盤を拡大し、同国の金融、EC、観光業界を支援する。

 今回の提携の目的は、ルワンダの政府機関への支援を拡大し、国全体にサービスを提供することだと、同社はプレスリリースで述べている。

 この発表は、ドローン配送事業が成熟しつつあることを示している。多くの人が配送物をできるだけ早く手にしたいと思うようになっている中、ドローンは交通の混雑を避け、ドローン以外ではアクセスが困難な場所にも配送できる。

 空域規制でドローンが許可されている地域なら、これが実現可能だ。米国ではドローンによる配送は比較的少ないが、ZiplineのほかにもAlphabet傘下のWing、イスラエルのFlytrex、米国のDroneUpやDrone Expressが限定的ながら事業を開始している。2013年にドローン配送という構想に着手したAmazonの「Prime Air」も、2022年内に飛行を開始する計画だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]