ヒョンデ、配達ロボットの試験をソウルのホテルと住宅地で開始--エレベーターにも乗れる

 Hyundai Motor(ヒョンデ)は、自走式ロボットによる食品や小物の試験的な配達サービスを、韓国ソウル近郊のホテルと住宅地で開始した。

配達に使用するロボット(出典:ヒョンデ)
配達に使用するロボット(出典:ヒョンデ)

 このロボットは、ヒョンデの「Plug & Drive(PnD)」技術をベースとし、周囲の情報をライダー(LiDAR)やカメラで得て障害物を避けながら自律走行できるという。施設内の物品輸送や、市街地のラストマイル配達といった作業での利用を想定している。

 Rolling Hills Hotelでの試験運用では、宿泊客からの依頼に応じ、アメニティーグッズや飲み物、食べ物を部屋まで届ける。エレベーターとも連携しており、人の手を煩わせずに別の階へ移動できる。乗ろうとしているエレベーターのカゴが到着しても、カメラで捉えた映像からすでに乗っている人の人数を調べ、混んでいる場合は乗らずに見送る、といった動作も可能。

 住宅地での試験運用は、フードデリバリーサービスを展開しているWoowa Brothersの協力を得て実施する。利用者がアプリ経由で注文すると、ロボットがレストランで食品をピックアップし、利用者のところまで配達する。

 ヒョンデは、両試験の結果を検証し、運用時間の延長やロボットの台数増加などを実施する考え。

ホテルでの試験運用(出典:ヒョンデ/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]