ソニー、スマホ単体でモーションキャプチャーできる小型センサー「mocopi」発表

小口貴宏 (編集部)2022年11月29日 17時15分

 ソニーは11月29日、スマートフォンのみでモーションキャプチャーを実現する小型センサー「mocopi」(モコピ)を発表した。センサー6個入りの直販価格は税込4万9500円で、2023年1月下旬の発売を予定する。


 「mocopi」は、直径32mm、厚さ11.6mm、重さ8gの小型センサーだ。頭部や両手首、腰、両足首に装着し、専用アプリをインストールしたスマートフォンとBluetoothで接続することで、モーションデータの制作が可能となる。

 各センサーは、付属のマジックテープ式バンドやクリップで身体に固定できる。かつ完全ワイヤレス型のため、電源やケーブルといった場所の制約を受けない。同製品とスマートフォンがあれば、屋外でも手軽にモーションデータを制作できる点を売りにする。


 さらに、VRへのリアルタイムなモーション入力にも対応する。モーション入力デバイスとして、VRChatなどの対応サービスでリアルタイムにアバターを操作することも可能となる。

 通常、モーションキャプチャーを用いた映像制作には、専用の設備やオペレーターが必要となる。mocopiでは、ソニー独自のアルゴリズムを活用することで、少ないセンサー個数で高い精度のモーション計測を実現したという。VTuberや映画、アニメーション制作に携わるクリエイターを、時間や場所の制約から解放することを目指すとしている。


 mocopiで取得したモーションデータと、メタバース向けサービスや3D開発ソフトウェアを連携するためのSDKも12月15日から提供する。

 同SDKを利用することで、センサーから取得したモーションデータをPCでリアルタイムに受信し、UnityやMotionBuilderなどの3D開発ソフトウェア上で即時確認しながら編集できるようになる。加えて、SNSのアプリケーション経由で配信することも可能だという。SDKの提供によってモーションデータの用途を拡大し、メタバースやフィットネスなどでの新たなサービス開発に貢献するとしている。

 対応スマートフォンはXperia 5IV、Xperia 1IV、Xperia 5III、Xperia 1III、Xperia 5II、Xperia 1II (iPhone)iPhone 14 Pro Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Plus、iPhone14、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]