「メルカリ」アプリ内で「ビットコイン」を購入可能に--2023年春提供

小口貴宏 (編集部)2022年11月08日 16時00分

 メルカリは11月8日、フリマサービス「メルカリ」アプリに、暗号資産「ビットコイン」を購入できる新機能を追加すると発表した。時期は2023年春で、本人確認済みユーザーであれば最短1分で口座開設の申し込みが完了するという。


 暗号資産の購入機能は子会社のメルコインが提供する。メルカリの売上金を使って簡単にビットコインを購入できるという。


 メルカリが暗号資産の購入サービスを提供する意義について、メルカリグループで日本事業責任者を務める青柳直樹氏は「日本における資産運用の関心の高まり」を挙げたほか「メルカリは1200万を超える本人確認済みのユーザーを抱えている。安心安全に素早く暗号資産サービスを提供できるのが強み」とコメントした。取り扱い通貨については「まずビットコインから始める」と述べた。

【更新】(2022年11月9日):掲出時、広報担当者の話をもとに「当初は購入のみで、売却はできない」と記載していましたが、広報担当者が後に「売却もできる」と訂正したため、記載を改めました。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]