アマゾンとSnapが提携、ARでメガネを試着してから購入が可能に

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年11月04日 10時55分

 写真共有アプリ「Snapchat」の開発元Snapは米国時間11月3日、Amazonと提携し、メガネをバーチャルで試着し、購入しやすくすると発表した。Snapchatユーザーは、同アプリの拡張現実(AR)機能「Lenses」を使って、Maui Jim、Persol、Oakley、Costa Del Marなど、「Amazon Fashion」で販売されているアイウェアブランドの数千種類に及ぶメガネを「試着」できるようになる。

Shopping Lenses
提供:Snapchat

 Snapchatユーザーは、Snapchatのアカウント「@amazonfashion」の公開プロフィール、「レンズエクスプローラー」画面の「For You」および「Dress Up」タブ、およびSnapchatカメラのレンズのカルーセルから「Shopping Lenses」にアクセスできる。

 「@amazonfashion」のプロフィールに表示されるAmazon Fashionの「Store」タブ内で直接、他の商品も閲覧できる。そこからAmazonへのリンクをたどれば購入が可能だ。

 モバイルデバイスで買い物をする消費者は増えており、Amazonは今回の提携でそうした顧客にリーチできる。Amazon Fashionの顧客が過去1年間にモバイルデバイスで注文した商品は10億点を超えるという。一方、Snapchatのデイリーアクティブユーザー数(DAU)は3億6300万人に達している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]