LIXIL、ポケットのスマホで玄関ドアの解施錠がOKに--スマートロックシステム「FamiLock」

 LIXILは10月26日、スマートフォンをポケットに入れた状態でドアの施錠、解錠が可能なスマートロックシステム「FamiLock」を、同社の玄関ドア「グランデル2」「ジエスタ2」「リシェント玄関ドア3」の3シリーズに展開し、11月1日より全国で発売すると発表した。

「FamiLock」を「グランデル2」「ジエスタ2」「リシェント玄関ドア3」に展開
「FamiLock」を「グランデル2」「ジエスタ2」「リシェント玄関ドア3」に展開

 LIXILでは、2019年にFamiLockを搭載した「玄関ドア DA」を発売している。FamiLockはBluetoothを搭載し、スマートフォン、リモコンキー、カードキー、タグキー、手動キーの5種類の方法で施錠、解錠ができる。

 今回、断熱性の高いドア、グランデル2と、断熱性能が高くデザインのバリエーションが豊富な基幹ドアシリーズ、ジエスタ2、1日の施工で既存のドアを新しいドアに交換できるリシェント 玄関ドア3にもFamiLockを展開することで、新築のみならずリフォーム物件にも施工が可能となった。

 なお、スマートフォンをFamiLockのリモコンキーとして利用するには、Bluetoothをオンにし、専用アプリ「My Entrance」のインストールした上でバックグラウンド起動をしておくことが必要となる。

 Bluetooth通信により、スマートフォンをバッグやポケットに入れたまま、ドアのボタンを押すだけでカギの施解錠が可能。Bluetoothの通信エリア内であれば、アプリの画面上の操作でカギの施解錠もできる。

 スマートフォンを使用して施解錠を行うと、アプリに操作履歴が残る仕組み。家を出た後カギの締め忘れが不安になった時も、履歴を確認することができる。家族がスマートフォンで施解錠をした際にメールで通知する設定も可能で、子どもの帰宅確認などにも使える。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]