アップル、4つのカラーの第10世代「iPad」--再生金や再生銅を使用し環境にも配慮

坂本純子 (編集部)2022年10月19日 01時55分

 アップルは10月19日、10.9インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載したオールスクリーンのデザインの新しいiPad(第10世代)を発表した。すでにアップルのウェブサイトでは注文受付を開始しており、発売は10月26日。

シルバー、イエロー、ピンク、ブルーの4つのカラーがラインアップする「新しいiPad」
シルバー、イエロー、ピンク、ブルーの4つのカラーがラインアップする「新しいiPad」

 新しいiPadは、ブルー、ピンク、イエロー、シルバーの4つのカラーがラインアップする。価格は、Wi-Fiモデルが6万8800円(税込)から、Wi-Fi + Cellularモデルが9万2800円(税込)から。新しいiPadは、64GBおよび256GB(9万2800円~)の構成から選べる。

新しい横向きの12MP超広角フロントカメラを搭載
新しい横向きの12MP超広角フロントカメラを搭載

 また、iPhone 12などで採用されているA14 Bionicを搭載。前世代と比べてCPUが20%向上し、グラフィックスが10%向上した。また、iPadとして初となる横向きの12MP超広角フロントカメラがディスプレイの縁に配置された。ユーザーは常に正面からカメラを見ることになる。また、フレームの中心から外れないように自動的に調整する「センターフレーム」にも対応する。

 このほか、Apple Pencil(第一世代)に対応。新たにWi-Fi 6に対応したほか、新しいiPadのために設計された新しいMagic Keyboard Folioは、フルサイズのキーを備え、キーストロークは1mm。

新しいiPadのために設計された新しいMagic Keyboard Folio
新しいiPadのために設計された新しいMagic Keyboard Folio

 新しいiPadは、環境に対する影響を最小限に抑えるよう設計されており、iPadで初めて複数のプリント基板のメッキに100%再生金を使用している。新しいiPadは再生銅を使用する初めてのiPadでもあり、メインロジックボードのホイルに100パーセント再生銅を使用。また、再生アルミニウム、再生スズ、再生希土類元素も使用しているという。

 なお、アップルは同日、A15 Bionicチップを搭載した「Apple TV 4K」と「M2」を搭載した新「iPad Pro」も発表している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]