仏教世界のメタバース「テラバース」、仏教対話できる「ブッダボット」--京都大学など

 京都大学などの研究チームは、仏教の精神世界をメタバースで表現する「テラバース」を開発すると発表した。試作品として、「仏陀(ブッダ)」と対話できる拡張現実(AR)サービス「テラ・プラットフォーム AR Ver1.0」を開発した。

テラバースのイメージ(出典:京都大学)
テラバースのイメージ(出典:京都大学)

 テラバースでは、仏教の伝統知と、ARや仮想現実(VR)、人工知能(AI)といった技術を融合し、人間を物理空間の制約から解放する「重層的な精神世界を構築していく」。なお、テラバースの「テラ」には、10の12乗である1兆、つまり「Tera」のほか、「寺院」の「寺」という意味も込めている。

 試作品のテラ・プラットフォームAR Ver1.0は、スマートフォンのカメラを通して見た現実空間上に、仏教対話AIのアバター「ブッダボット」を呼び出せる。ブッダボットは対話機能を備えており、質問をすると仏教経典に基づいた回答をするという。AIの学習に使った経典は、「スッタニパータ」と「ダンマパダ」。

テラ・プラットフォームAR Ver1.0(左)、ブッダボットの活用イメージ(出典:京都大学)
テラ・プラットフォームAR Ver1.0(左)、ブッダボットの活用イメージ(出典:京都大学)

 テラ・プラットフォームARには、スマートフォンで取得できる位置情報に応じて仏教系アバターを出現させる、サイバー空間にアバター寺院を建立して参拝できる、といった機能の追加が考えられる。さらに、現実空間にある本物の寺院と、その寺院に所属するサイバー空間の「アバター支院」を同期させ、両空間で同じ行事に参加してもらう、という活用も可能だ。

 なお、悪用されることを防ぐため、当面は学術利用、モニター利用の目的で提供し、一般公開はしない。さらに、テラバース上で展開する仏教マテリアルは信仰の対象なので、慎重に取り扱う必要がある、としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]