ソニー、Savage Game Studiosの買収に合意、モバイル部門を新設へ

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年08月31日 10時54分

 ソニーは米国時間8月29日、Savage Game Studiosを買収することで合意したと発表した。買収完了後は、PlayStation Studios内に新設されるモバイル部門に加わる。この部門は、「PlayStation 5」(PS5)や「PlayStation 4」(PS4)などのコンソールゲーム機向けの開発とは独立して運営され、「PlayStation」のIPをベースとしたモバイルゲームを開発することになる。

PlayStationのロゴを表示したタブレット
提供:Sarah Tew/CNET

 Savageは既に、「新しい未発表のAAAライブサービスアクションゲーム」を開発中だが、ソニーはそれがどのIPをベースとしたものかを明らかにしていない。

 欧州を拠点とする2020年創業のSavageは、まだ1つもゲームを発売していないようだが、共同創設者らは、「Angry Birds」開発元のRovioや「World of Tanks」開発元のWargamingでの勤務経験がある。

 ソニーがモバイルゲーム市場への参入を検討しているらしいことは、2022年夏に入ってBackboneが同社モバイルゲームコントローラーの「PlayStation Edition」をリリースしたときに垣間見られた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]