故ポール・アレン氏のアートコレクションが競売へ--ルノワールなど巨匠の作品も

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年08月29日 10時23分

 オークションハウスChristie'sは米国時間8月26日、Microsoft共同創設者の故Paul Allen氏の素晴らしいアートコレクションの競売を行うと発表した。コレクションには総額10億ドル(約1380億円)以上の価値があり、ルノワールやモネの作品が含まれているという。

Paul Allen氏
提供:Getty Images

 The New York TimesThe Wall Street Journalによると、数世紀にわたる150を超える作品が出品され、史上最大規模のアートオークションになる可能性があるという。

 5000万ドル(約69億円)以上の落札額が推定されるジャスパー・ジョーンズ(Jasper Johns)の1960年の絵画「Small False Start」や、約1億ドル(約138億円)の価値があるポール・セザンヌ(Paul Cezanne)の1888~90年の風景画「La montagne Sainte-Victoire」などが出品されることが、確認されている。

 この幅広いコレクションにはその他に、ボッティチェッリ(Botticelli)、ヤン・ブリューゲル(Jan Brueghel)、ゴーギャン(Gauguin)、スーラ(Seurat)や、ロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein)、エドワード・ホッパー(Edward Hopper)、デビッド・ホックニー(David Hockney)といったより現代的なアーティストの作品も含まれている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]