[ブックレビュー]日々の業務でも使えるすべてのエラーを防ぐ方法--「ERROR FREE」

フライヤー編集部2022年08月20日 08時00分
文響社
内容:人は誰も、生きていく中でいくつものエラーを犯す。それは当然のことなのだから、いちいち気にしていられない、と思うかもしれない。しかし、世の中には取り返しのつかないエラーも確実に存在する。たった1回の、ほんのささいなエラーが、大きな事故につながり、人命が失われることがある。1つのエラーによって姿を消す企業は後を絶たない。

 人は誰も、生きていく中でいくつものエラーを犯す。それは当然のことなのだから、いちいち気にしていられない、と思うかもしれない。しかし、世の中には取り返しのつかないエラーも確実に存在する。たった1回の、ほんのささいなエラーが、大きな事故につながり、人命が失われることがある。1つのエラーによって姿を消す企業は後を絶たない。

 エラーを完全に防ぐのは不可能に思えるが、本書はそれを否定する。すべてのエラーは防げると断言するのだ。世界中で起きたヒューマンエラーに起因する事故に対処してきた著者が開発したのは、ヒューマンエラーを根絶するためのエラーフリー・メソッドだ。著者によれば、このエラーフリー・メソッドを用いれば「新しいエラー」も「分類できないエラー」もない。すべてのエラーは対策可能だという本書のはしばしから、世界中で発生し続ける悲惨な事故を何とかしたい、人類の歴史からエラーを根絶したいという情熱がにじみ出ている。エラーさえなければ、事故で人命が失われることも、エラー対応に無駄な経費をかけることも、倒産で従業員が路頭に迷うこともないのだ。

 本書はエラーフリーに至るための実践的入門書として位置付けられているが、実際に読むと日々の業務の中で使える内容が多い。自分も普段の業務の中でエラーを犯していないか、犯したエラーが放置されていないか、それを見直すことが、未来の自分や周囲の人を守ってくれるかもしれない。エラーフリーの実現のために自分を見直したくなったとき、最適な1冊だ。

今回ご紹介した「ERROR FREE 世界のトップ企業がこぞって採用したMIT博士のミスを減らす秘訣」の要約記事はこちら。この記事は、ビジネスパーソンのスキルや知識アップに役立つ“今読むべき本”を厳選し、要約してアプリやネットで伝える「flier(フライヤー)」からの転載になります。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]