ANAとセブン-イレブン、ドローン活用物流サービス検討の覚書--離島への直接配送展開へ

 ANAホールディングス(ANAHD)とセブン-イレブン・ジャパン(SEJ)は7月27日、ドローンを活用した物流サービスの検討に関する覚書を締結したと発表した。

 共同での実証事業検討の動きを加速させ、2025年度に実店舗から離島への直接配送のサービスを展開する。日本の地域課題の解決を目指すという。


 両社は、日本の離島や山間部におけるお買い物に不便を感じる人の課題解決をすべく、2020年からドローンを活用した輸送実証を共同で開始。今回の覚書の締結で両社のパートナーシップを強化し、課題の解決と2025年度のドローン輸送サービスの実現に向けたビジネスモデルの構築、システム連携を含めた運用体制の検討を進める。

 ANAHDはドローンの運航体制の確立、ドローン機体の選定と仕様カスタマイズの検討、ドローン運航に関わる通信の安定性向上にむけた検討を担当。

 SEJは、商品配送サービス「7NOW(セブン‐イレブンネットコンビニ)」の活用の検討ほか、店舗敷地内のドローン専用ポートの設置、注文可能商品の選定を担当する。

 加えて、両社共同で全日本空輸(ANA)のドローン配送システムと「7NOW」の連携や、ドローン専用ポート仕様の検討を実施する。2022年秋頃に福岡市で課題検証の実証を予定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]