フォルクスワーゲン、2022年上半期のBEV出荷台数は22万台弱で27%増--中国が急成長

 Volkswagen(VW)は、2022年上半期に全世界で出荷したバッテリー電気自動車 (BEV)の台数が、21万7100台だったと発表した。2021年上半期の17万900台に比べ、27%増えている。

 この期間は、サプライチェーンの混乱、欧州での生産一時停止、中国のロックダウンといった向かい風があったにもかかわらず、多くのBEVを出荷できたという。出荷した全車両に占めるBEVの割合は5.6%で、前年同期の3.4%から上昇した。VWは、2022年通期のBEV率を7%から8%にするとしている。

 地域別の出荷台数などは以下のとおり。台数は欧州がもっとも多かったが、中国の増加が目立っている。

欧州

  • 2022年上半期:12万8800台
  • 2021年上半期:12万8100台
  • 成長率:+0.6%

中国:

  • 2022年上半期:6万3500台
  • 2021年上半期:1万8300台
  • 成長率:+247.1%

米国:

  • 2022年上半期:1万7000台
  • 2021年上半期:1万8500台
  • 成長率:-8.4%

その他:

  • 2022年上半期:7800台
  • 2021年上半期:6100万台
  • 成長率:+29%

 VWグループのブランド別出荷台数は以下のとおり。

  • VW:11万5900台
  • Audi:5万台
  • ŠKODA:2万2200台
  • Porsche:1万8900台
  • SEAT/CUPRA:8300台

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]