NEC、ビジネス向けPC「Mate」「VersaPro」シリーズ9タイプ33モデル--インテル第12世代CPU搭載

 日本電気(NEC)は7月7日、ビジネス・教育向けPC「Mate」シリーズと「VersaPro」シリーズの9タイプ33モデルを発売したと発表した。



 新商品では、在宅と出社を併用して働くハイブリッドワークの広まりを受け、基本性能の向上に加え、セキュリティ対応や音質を向上するミーティング機能搭載モデルを拡充した。

 昨今、COVID-19の影響によりテレワークの整備が広がる一方で、オンラインでのコミュニケーションの難しさなどの問題も顕在化。在宅やサテライトオフィスにおける、リモートワークと出勤によるオフィスワークを併用する「ハイブリッドワーク」へ注目が集まっているという。

 また、オフィスの自席PCにおいても、リモート会議に伴う社内移動やスムーズなオンラインコミュニケーションへの対応、業務の効率化に繋がる操作性や利便性の向上など、オフィスワークの生産性向上の必要性も高まっている。

 今回ラインアップした9タイプ33モデルでは、そうした需要に対応する機能強化を図っている。

 13.3型液晶搭載スタンダードモバイルノートPC「VersaPro UltraLiteタイプVB」では、インテル第12世代 プロセッサと高速データ転送が可能なLPDDR5メモリを搭載。


 インテル Corei5-1245U搭載モデルでは、インテルvPro プラットフォームに対応し、ハードウェアによるセキュリティ機能に加え、Microsoft社が提唱するSecured-Core PCにも対応した。

 USBポートには、映像出力に対応したUSB Type-C(USB4 Gen3、Thunderbolt 4)を2ポートと、USB3.2 Gen1 Type-Aを2ポート搭載した。

 希望小売価格は、29万1500円(税別)〜。出荷予定日は、8月19日。

 15.6型ノートPC「VersaPro タイプVD」「VersaPro タイプVX」「VersaPro タイプVA」では、従来機と同様の15.6型液晶ディスプレイを搭載しながら、液晶画面の左右にナローベゼルを用いた新設計で筐体を小型化。


 新筐体の採用に合わせて、キーボードのレイアウト変更や一部キーのサイズ拡大とともに、ファンクションロックにも対応している。


 さらに、従来モバイルノートPCを中心に搭載していたリモート会議時などのサウンド品質を向上させるミーティング機能「ヤマハ製AudioEngine」を搭載。これらにより、オフィスワーク含めた利用環境での操作性および、利便性を向上している。

 全タイプでインテル第12世代プロセッサを搭載し、VersaProタイプVXでは、新たにインテルvPro EssentialsやMicrosoftが提唱するSecured-Core PCに対応する。

VersaPro タイプVDの希望小売価格は、26万円(税別)〜。出荷予定日は、7月13日。
VersaPro タイプVXの希望小売価格は、23万3000円(税別)〜。出荷予定日は、7月13日。
VersaPro タイプVAの希望小売価格は、23万円(税別)〜。出荷予定日は、7月13日。

 デスクトップPC「Mate タイプME」「Mate タイプMB」「Mate タイプMA」「Mate タイプMC」および、SOHO・中小企業向けの「Mate タイプML」では、全タイプでインテル第12世代プロセッサを搭載。さらに、「Mate タイプME」では、高速データ転送が可能なメモリDDR5も搭載し、処理性能を強化している。

 また、MateタイプMBとMate タイプMCでは、インテルvPro Essentialsに対応しており、ハードウェアレベルでセキュリティ機能を向上することが可能。


 さらに、全タイプでBIOS改ざんの検知や、自己回復を行うBIOS自己回復機能に対応。BIOSの不正な改ざんを防ぎ、セキュアなPCの使用を支援する。

 なお、スリムタワーモデルMate タイプMEとMate タイプMBでは、マルチディスプレイ表示を従来の最大3画面から最大6画面までに対応できるよう強化し、利便性を向上している。

Mate タイプMEの希望小売価格は、21万6000円(税別)〜。出荷予定日は、7月13日。
Mate タイプMBの希望小売価格は、17万7500円(税別)〜。出荷予定日は、7月13日。
Mate タイプMAの希望小売価格は、16万9500円(税別)〜。出荷予定日は、7月13日。
Mate タイプMCの希望小売価格は、16万400円(税別)〜。出荷予定日は、7月19日。
Mate タイプMLはオープン価格。出荷予定日は、7月13日。

 同社の直販サイト「得選街」でも、7月7日より販売を開始しており、一部のモデルではキャンペーン価格が適用される。なお、直販サイトでは、専用モデルという位置付けとなっており、「VersaPro J」シリーズと「Mate J」シリーズとして展開する。

 キャンペーン期間は、7月7日から9月6日までを予定しており、「VersaPro J UltraLite タイプVB」(最小構成価格)が16万3471円(税込)から16万171円(税込)。「Mate J タイプML」(最小構成価格)が7万1500円(税込)から6万9300円(税込)。「Mate J タイプMC」(最小構成価格)が7万3777円(税込)から7万1027円(税込)に割引く。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]