AI契約審査プラットフォームのLegalForceが137億円の資金調達

佐藤和也 (編集部)2022年06月23日 13時24分

 LegalForceは6月23日、シリーズDラウンドにおいて総額約137億円の資金調達を発表した。SoftBank Vision Fund 2をリード投資家として、Sequoia China、Goldman Sachs、既存投資家であるWiL, LLC、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタルなど、それぞれが運営するファンドを引受先とした第三者割当増資としており、同社のエクイティによる累計資金調達額は、本ラウンド実施後約179億円になる。

 LegalForceは、契約審査プラットフォーム「LegalForce」や、AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供。調達資金については、採用や開発、営業の強化に投資していくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]