ザッカーバーグCEO、メタバース向けデジタルウォレットの計画を明らかに

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年06月23日 13時41分

 Meta Platformsの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏は米国時間6月22日、「Facebook Pay」を「Meta Pay」に改称したことを発表し、ゆくゆくはデジタルアイテム、ID、決済などを管理できるメタバース向けのデジタルウォレットとする計画を明らかにした。

Mark Zuckerberg氏と、Metaのロゴ
提供:James Martin/CNET

 Zuckerberg氏はFacebookへの投稿で次のように述べた。「理想を言えば、あらゆるメタバース体験にサインインできて、購入したものすべてを持っていけるようになるべきだ。そこまでの道のりは長いが、こうした相互運用性によって人々の体験は大きく向上し、クリエーターのチャンスは拡大するだろう」

 同氏はこの投稿で、このデジタルウォレットをメタバースで使うには利用料を払う必要があるのか、また、このウォレットをいつ公開する予定なのかという点を明らかにしていない。一方で、「デジタルグッズは、簡単に使える場所が増えるほど価値が高まる」ため、デジタルウォレットはクリエーターに恩恵をもたらすとした。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]