Telegram、有料サブスク「Premium」を追加--月間ユーザーは7億人に

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年06月21日 09時19分

 人気メッセージアプリのTelegramは6月19日、有料サブスクリプションプラン「Telegram Premium」を提供開始すると発表した。このプランでは、限定ステッカーやリアクションのほか、高速なダウンロードやアップロード容量の増加などの機能を提供するという。

Telegramのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 有料プラン加入者は、フォローできるチャンネル数が最大1000件、作成できるチャットフォルダーが最大20件(それぞれに200チャットを格納可能)、ピン留めできるチャットが最大10件、アプリに追加できるアカウントが4件(無料版は3件)になる。また、リンク付きの長い自己紹介を記述できる。

 料金は月額4.99~6ドル(約670~810円)になる見込みだと報じられている。同社によると、既存の機能は全てこれまで通り無料で利用できるという。

 TelegramはPremiumの発表とともに、月間アクティブユーザー数が7億人を超えたことも明らかにした。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]