KDDI、店舗サイネージでアパレル商品を360度確認できる「XRマネキン」--高精度に再現

 KDDIは5月18日、アパレル販売向けの高精細なXRマネキンを開発したと発表した。

 店舗のサイネージやスマートフォンといったさまざまなデバイスで、360度好きな角度から商品を確認可能。商品の現物がなくても、目の前に商品が存在しているような顧客体験を提供できる。店頭在庫やマネキンなどの展示物を置かず、店舗の広さにとらわれない販売機会を創出可能だ。

デジタルのマネキンは360度回転させることが可能だ
デジタルのマネキンは360度回転させることが可能だ

 XRマネキンは、アパレル業界向けCADソフトなどで制作したデジタル型紙で作られた衣服を、3DCGで表示できる。まだ実物がない商品も表現可能で、予約販売や受注生産、需要予測などにも活用できるという。

 また、「au VISION STUDIO」がプロデュースしている、髪の毛1本1本までをフォトリアルに再現したバーチャルヒューマン「coh」に着せることで、リアルな着用イメージを確認可能。表示したXRマネキンをタッチして回ってもらう、XRマネキンを拡大、縮小するなどが可能だ。

デバイスを問わずに確認、AR活用も可能
デバイスを問わずに確認、AR活用も可能

 XRマネキンは、人間の動きをそのまま3Dスキャン撮影してデジタル化する技術となる「ボリュメトリックビデオ」にも対応。モデルとなる方を専用スタジオで撮影、動きも含めて3Dデータ化することで、素材感や布の動きをよりリアルに近い形で再現できる。

衣服やモデルをデジタルで再現
衣服やモデルをデジタルで再現

「Google Cloud」のマネージド型リアルタイムクラウドレンダリングサービスを活用

 XRマネキンは、クラウド上でレンダリングした映像をストリーミング配信できる、「Google Cloud」のマネージド型リアルタイムクラウドレンダリングサービス「Immersive Stream for XR」を活用している。

 5Gと組み合わせることで、表示するデバイスのスペックに依存せず、高精細なイメージを表示可能。サイネージなどで高精細な商品イメージを案内しつつECサイトへ誘導、といった活用で、店舗在庫を置かずに商品を販売できるという。

クラウドレンダリングのイメージ
クラウドレンダリングのイメージ

 また、Immersive Stream for XRは、ウェブブラウザやGoogleアプリなどで利用できるため、サービスごとのアプリのインストールが不要になる。光彩などの環境を取り込むことも可能で、例えば明るい場所で利用する際にはARコンテンツも明るく表現されるなど、現実の環境にあわせて表現できることも特徴だ。

 なお、Google CloudのImmersive Stream for XRの詳細、XRマネキンのデモンストレーションは、特設サイト「Adventure World」で確認できる。

Adventure WorldではXRマネキンのデモを体験できる
Adventure WorldではXRマネキンのデモを体験できる

在庫の削減でサステナビリティの実現へ

 アパレル産業は、30年間で市場規模が3分の2程度に減る一方、商品の供給量は2倍近くに増加し、大量消費、大量生産の構造になっているという。KDDI パーソナル事業本部 サービス統括本部 5G・xRサービス企画開発部長 上月勝博氏は、さまざまなサイズ、色の在庫を常時取り揃える必要がある店頭では、余剰在庫が課題になっていると説明する。

KDDI パーソナル事業本部 サービス統括本部 5G・xRサービス企画開発部長 上月勝博氏
KDDI パーソナル事業本部 サービス統括本部 5G・xRサービス企画開発部長 上月勝博氏

 また、バーチャルで商品を表示するサービスが広がりつつある一方で、商品の素材感やサイズ感を確認できるほどの高精細な表現は表示するデバイスのスペックに依存していたと指摘。

 「日本では年間29億着が作られるが、半分の15億着が顧客に届かないまま終わってしまうという民間の調査もあり、社会課題として強く認識している。XRマネキンでは、面積の都合などで在庫をおけない場合の機会損失も削減できる。店頭在庫を削減し、本当に欲しいものを安心して購入できる世界を実現したい」(上月氏)と語った。

店頭在庫を削減できる
店頭在庫を削減できる

 現在は、いくつかのパートナー企業と具体的な導入に向けて話を進めており、「(XRマネキンの)年内の実店舗への導入を目指しており、実証実験の準備を進めている」(上月氏)とのこと。

 また、「構想段階だが、いずれはリアルとバーチャル双方における新たな流通の創出を目指したい」(上月氏)。衣類のデータが3DCGでフルデジタルになることで、バーチャルで人気が出たキャラクターが来ている服の実店舗での販売、実際の人気の服をデジタルデータで販売、メタバース内で着用できるようにするといった将来的な構想を説明した。

将来の構想
将来の構想

アパレル向け XRマネキン


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]